当たるタロット

高校生1年の頃、所属していたテニス部活の先輩がタロット占いができる人でした。占いなんて、怪しいな、本当に当たるのかなと最初は思いましたが、独学ではなく、誰かに教わってできるようになったそうです。ですが詳しくは教えてもらえませんでした。そのことはたちまち先輩の学年に広がり、一時期は部室が占いの館のようになっていましたね。次の年では、文化祭の出し物おまけとしてクラスで一般の方も対象にされていました。先輩は、「大変だけど楽しいよ!」と言っていました。なんてお人好しなんだと思いました。私はあまりタロット占いなどを信じていないのですが、2回ほど、友達と一緒に占ってもらったことがあります。性格判断と未来をみてもらいました。すると、性格判断の結果は、結構当たっていました。 まさか、当たるとは思っていなかったので本当にびっくりしました。 ですので、未来の結果にもすごく説得力がでました。また、それだけではなく、タロットなどが日頃から気になるようになり、今では対面占いでタロットができる先生を指名して占ってもらっています。タロットは、人の気持ちを占えたり、恋愛の行方などを知ることができ、とても面白いのです。

バランガンのタロット占い師

とあるタロット占い師に占ってもらった時の話です。口コミでは評判が良くて人気もそれなりにある先生だったのですが、予約なしでお願いできたのでかなりラッキーだったと思います。その方は新宿の占いの館バランガンに所属しているのですが、常に待ちの人がいて、次の日以降も予約でなかなか占ってもらえないという人気っぷりです。占い師の顔写真を見ると、50代くらいの女性で、何となく人とは違うオーラを纏っている様子でした。正直、あまり当たるとは思っていなかったのですが、占いを進めて行く内に、あなたの前世はヨーロッパのとある小国の貴族だったと言われました。よく分かりませんが、霊感でその人の前世が分かる占い師さんでした。私は前世では、国を愛していたが、予期せず亡くなってしまった方だったそうです。私はヨーロッパの歴史や文化か好きで、それらを題材にした本や映画などをよく見るのですが、それがどうやら前世と関係があるようでした。あまりピンと来ませんでいたが、よくよく思い出してみると、以前ヨーロッパ旅行に行ってあるお城を見た時、懐かしい気持ちになったことがあります。初めてなのに、前にも来たことがあるような不思議な感覚でした。今思うと、それが前世の記憶だったのだと思います。全てが繋がった時はかなり驚きましたし、占いも馬鹿にできないと思いました。